伊皿子亭

月二回更新

プレアデス星訪問記1

プレアデス人とのコンタクティーはビリー・マイヤーが有名であるが、なんと日本にもプレアデス人コンタクティーがおり、しかも彼らの星にまで行った人がいたというのは驚きであった。この本の著者がまさにそうで、ビリーの本以上のプレアデス人に関する情報が書かれており宇宙人がどういう種族なのかを知る上で非常に興味深い。
著者はプレアデス人の招きでまず葉巻型宇宙船に乗った。葉巻型宇宙船は目撃情報が多い割に謎の多い物体である。著者によるとその中は施設や道路、乗り物が備えられており、一つの都市と言っていいくらいに広大で、最大で一万人を収容できるそうである。宇宙の無限に存在するエネルギーを利用した照明で船内は常に明るく、生存に欠かせない水・空気は完全リサイクルであるばかりか食料を自給できるおかげで、宇宙や他の惑星で長期間滞在することが可能なのだそうだ。中にはここで生まれそして一生をここで終えるプレアデス人もいるという。面白いのは定期的に母港に帰って点検整備をすることが義務付けられていて、そのため事故はほとんど発生しないという。
さて、時々我々を驚かせる葉巻型宇宙船は中にレストランがあり、そこで人々は地球のセルフサービスの店のように機械を操作して食べたいものを注文し、出て来る食事を受け取る。それは地球の食事に似て野菜とスープとデザートからなり地球のものより美味であった。レストランには驚くことに爬虫類・鳥類から進化した他の宇宙人、それに見知らぬ地球人までいた。彼らが平然と町のような船内を歩くのが見られたそうである。
プレアデス人の体は地球人とほぼ同じで、洗顔・歯磨き・ひげ剃りをするし、排便もする。ただ、それらが全て自動で処理されるのが地球と大きく違う。彼らも人間なので口臭も出るが、特殊な溶液で完全殺菌するので口は臭くならないそうだ。
宇宙船は光速を超えて彼らの母星へ向かったが、その飛行技術は地球でオカルト扱いのテレポーテーションを科学的に解明して得られた技術だという。
宇宙船の司令官に会った筆者は地球の人類が今滅亡か存続かの重大な局面にあり、その警告のために彼をこうして招いたのだと言った。そして、人類の危機を招いている最大の要因は貨幣経済であリ、貨幣は人間を欲で狂わせて戦争・環境破壊・犯罪などあらゆる害を生じさせていると言う。従って、貨幣経済を改め他者への奉仕によって運営される社会に転換することが滅亡を免れるために必要であると説く。
この箇所は数あるコンタクティーによる宇宙人のメッセージでよく語られる内容である。ビリーのときは人口増加が諸悪の根源と言っていたが、 ここでは貨幣を悪と言っている。

宇宙事始め

アンドロメダ星人チャネラーとして知られるアレックス・コリアー人類の起源に関する非常に興味深い話をしているので、紹介したい。
 アレックスによると、我々を含むヒューマノイド型宇宙人の起源は琴座のリラ人である。そして、リラ人自体もこの天の川銀河系出身ではなく、他の銀河系からより進化した形態の存在の手でこの銀河系に連れて来られた。彼らがこの銀河系で最初に住み着いたのが琴座だったのである。
ところが、ある時レプタリアンという爬虫類系の異星人が彼らの星に現れた。 リラ人はレプタリアンがあまりにも彼らの容姿と異なっていたので戸惑い、そのレプタリアンに対し手荒い歓迎をしてしまった。すると元来攻撃的性格のレプタリアンたちは過敏に反応し、手始めにリラの外側を周回する惑星や月のコロニーを攻撃して、リラ人の反応を見た。しかし、リラ人はそれまでこうした宇宙の脅威に遭遇したことがなかっため、レプタリアンにまともに抵抗できなかった。それを知ったレプタリアンはより大胆になってリラ星系の惑星をどんどん攻撃していった。その攻撃は凄まじくリラ人が絶滅を危惧するほどであった。
苦境に陥ったリラ人たちは衛星や巨大隕石の中をくり抜いて巨大な宇宙船を建造し、琴座からの脱出を図った。衛星や巨大隕石を建造に用いたのはそれだけの宇宙船建造の材料がなかったからである。かくしてリラ人たちは銀河系各地に散って行き、銀河系内に様々な種族が生まれる原因になった。6億3千年前の出来事である。
その事件以来レプタリアンは人間種を柔弱な存在と見るようになったそうである。このレプタリアン、彼ら自身自らの起源を知らないようで、遺伝子操作によって彼らを戦闘種族とした存在がいて、それが別宇宙からこの宇宙に連れて来たことくらいしかわかっていない。

 


実は、いま地球と宇宙は重大な局面を迎えている。地球には人類が文明を築く前から邪悪なレプタリアン種族が住み着いていて、現代社会で戦争・犯罪を引き起こして人類が神性に目覚めアセンションすることを阻止することで我々を支配し続けようとしているという。彼らはあからさまに姿を現して権力を行使しない。人類の邪悪な考えの者たち(大抵権力者)を使って社会をネガティブ状態に置いて、ネガティブなエネルギーを餌に生きている。
しかし、そうした状況は2000年以降改善されつつある。プレアデス人・アンドロメダ人などの善意の宇宙人たちが邪悪な異星人を攻撃して人類を蒙昧の境地から救い出し、我々がアセンションして理想的な社会をこの地球上で建設することを手助けしようとしている。彼らは肉体を持たないより高次の存在から支援を受けている。実は彼らの活動は21世紀以前からあったが、それがこの2016年になって総仕上げの段階に入っているのだ。
けれど、彼らが行うのはあくまでお膳立てである。人類が目覚めることができるかどうかは我々自身の意識にかかっている。我々の運命を決める事が可能なのは我々自身だからである。
こうした情報はコズミックディスクロージャーで知ることができる。

 

松原照子の大世見

未来と過去を見る能力がある人による透視結果をまとめた本である。主に過去未来における歴史・宗教・政治が書かれている。しかし、あくまで超能力の予見に基づく内容で、学校で教えられているのとは違う歴史的事実だったり、聖書の内容だったりするので、この手の話が好きな人にはたまらないが、そうでない人にはとんでも本に思えるだろう。
先史時代はもとより史実であっても改ざんされたりすることはよくあるので、彼女の話は私にはそれほど荒唐無稽だとは思えない。ストーンヘンジ・南米の黄金文化・古代中国の伝説の王たちが宇宙人と関係しているという話は普通の人は疑わしいと思ってしまうだろう。個人的に私は古代の優れた技術などはより進んだ宇宙人の知恵なくしては困難だと考え ているので、その時代に宇宙人がいたとしても特段驚かない。まあ、ただのオカルトファンであるが。
北京原人がナウマンゾウを追って氷河期に平原となった日本海を通リ、仙台あたりに来ていたと聞くとどう思われるだろうか。また、日本人のルーツは歴史の大きな関心事であるが、 彼女によれば日本人の祖先の一部は大陸から北海道を通って本州に到り、高度な文化を築いたそうだ。他に坂本竜馬暗殺の黒幕の意外な正体と徐福の話が面白かった。
彼女は過去だけでなく未来も見るので、将来の日本と世界の動きも書かれている。有名な東京五輪に関する予言について、どうやら五輪はあることが原因で中止されると見ているようだ。昨今の情勢からあながちありえない話ではないと思った。 そして、彼女の語る環境・経済・人口問題をみると、どうも日本の将来は明るくないらしい。そればかりか人類は地球そのものに多大な負荷をかけていて、そのつけはいつか回ってくるという。その考えに私は全面的に賛同したい。日々の暮らしに追われてこれらの問題から目を背け続けてなんとかなるだろうとか誰かがやってくれるだろうと思っていると、我々の子孫が苦しむことになるであろうが、そうとわかっていてもやはり自分には何もできない、したくないで生きていくことになるのだろう。
オゾン層が破壊されて肺や肩や腰の骨が発達しない病気の誕生なんて聞きたくない。もしかすると遠い未来に私達現代人がやったことのつけを生まれ変わった私達自身が背負い、苦しむ結果が待っているかもしれないという言葉を最後に記しておきたい。


松原照子の大世見
松原 照子
学研プラス
2016-08-30