面白いブログを見つけたので記事を書きたい。宇宙の兄弟たちへ@スピリチュアルブログ という主に霊や宇宙人などのスピリチャルに関する情報のブログだ。作者は苦しい前半生を送った後突如自分の使命に目覚め、霊的能力が使えるようになったとのことである。
ここが面白いのは有名人の前世、例えばピース又吉、ダウンタウン松本、タモリ、藤子不二雄、小池百合子などの他、ヒトラー、ヒラリー、オバマ、ルーカスなどの超有名人の前世が語られているところ。特に興味深いのが、又吉は太宰治と過去世で縁があったことで、両者の不思議な関係にまつわる都市伝説が裏付けられたことになる。また、タモリと赤塚不二夫にも同様の関係があったという。藤子不二雄や宮﨑駿があのようなマンガを書けることに過去生が関わっていたというのは面白い。そして、ルーカスの手がけたスターウォーズは彼の地球以前のある星での経験が基になっているそうだ。
ヒトラーは実は圧政を敷いたアッシリア王国の王とローマ帝国の暴君の過去を持ち、そのいずれにおいてもユダヤ人を迫害していたという。オバマは有色人種として白人から迫害されていたことから、今生で白人国家のアメリカを衰退させる運命にあるそうだ。
マツコデラックスは地球転生前ナメクジのお化けのような今と似たような容貌の生物で殆ど動かなかったというのが面白い。そして、それは雌雄同体だったというから妙に納得してしまう。
また、地球には多くの宇宙からの魂が転生しているそうで、彼らの中にはレプティリアンによる地球の危機を助けに来ている者もいるという。他のチャネラー同様に地球の危機は今回が初めてではなく、ムー・アトランティス大陸の滅亡で経験しているそうだ。それらの文明はやはり人間の傲慢が原因で滅亡の審判を下されたらしい。
最も驚くのが、恐竜は実は宇宙人が他の星から地球に持ち込んだ生物で、地球の環境下で大繁栄したという話。しかし、あまりに巨大化・凶暴化して人間を襲ったため、隕石を衝突させてその多くを絶滅させた。それでも恐竜は完全に絶滅したわけではなく、一部は生き残っていたが、それも月が地球の衛星となリ、その氷が大量に流れ込んで起きたムーを滅ぼした大洪水で死に絶えた。どうだろうか、信じられるだろうか。これと似たようなことを言う人がいるので私は全くでたらめだと思えない。
興味のある人は是非読んでみて欲しい。