エイリアンインタビューという本がある。ロズウェル事件で捕らえられた宇宙人を尋問した記録だ。
1947年7月アメリカ、ニューメキシコ州ロズウェルにUFOが墜落した時、中の乗員4名のうち、1名だけが生き残り、秘密裏に米軍によって移送され、尋問を受けた。このエイリアン(グレイ)はなぜか米軍に勤務していたある女性看護師とだけテレパシーで交信し、彼女以外の一切の人間とのコンタクトを拒んだ。確かにロズウェル事件に関しては、異星人の検査に立ち会いその後行方不明になった看護師のことが報告されている。そこで、米軍は彼女を通して宇宙人と交信し、その内容を記録することにした。以下は宇宙人とのテレパシーによる交信の記録の一部である。

Q、食物や水などの栄養は必要か?
A、 いいえ

Q、 気温、気圧、排泄等の環境要求はあるか?
A、いいえ。私は生物的存在ではない。

Q、なぜあなたの宇宙船は この宇宙領域にいるのか?
A、放射線爆発の調査

Q、あなたはどうやってお互いにコミュニケーションを取るのか?
A、思考を通して

Q、あなたは地球の政府と軍事施設に何を学んだか?
A、貧弱

Q、あなたの民族の兵器性能は?
A、非常に破壊的

Q、あなたはどれだけ地球について知っていたか?
A、人類よりもはるか前から

Q、あなたは地球の歴史・文明について何を知っているか?
A、小さな興味

Q、あなたの文明の発展状況は?
A、古代、何兆年

Q、あなたたち以外に宇宙に知的生命体はいるか?
A、あらゆる場所

彼らは基本的に地球人に興味はないし、ましてや救済しようという意志はない。彼らの興味は専ら地球上の資源と宇宙旅行する際の中継基地としての地球(月)にある。彼らは彼らの国の領域をこの宇宙に拡げるために活動しているのであり、その途中でたまたま地球に立ち寄ったに過ぎない。従って、彼らは我々の脅威ではないが、仮に向こう見ずにも彼らを武力で追い払おうとしてもその圧倒的軍事力によって無駄に終わるだろう。
なお、この看護師は政府の要求に従ってアメリカを離れ、この件と身分を隠して暮らすことになった。
この他にもUFOが墜落した原因やグレイの正体、宇宙人がこの看護婦にだけ心を開いた理由などが書かれているので、UFOに興味がある人は読んでみるといいだろう。