これまで悩みの対処法について書いてきた。しかし、一言で悩みを取ると言っても、自分にとりそれが非常に重大であったり、とても傷ついた経験があると、その時の苦しい感情に苛まれて、冷静に自分を観察できないことがある。
そうした場合に有効なのが関野あやこという人が行っている方法だ。これは自分の苦しみを何らかのボールとしてイメージし、それを海に転がすことで苦しみを除去するやり方である。人の脳が感情を起こす働きはそれが現実から生じる場合とイメージから生じる場合を区別できない。この性質を利用し、イメージによって感情を取り除こうというのが彼女の方法だ。本当にそんなことで苦しみが取れるのかという疑問を持つかもしれないが、私自身これを実践し、苦滅の効率がとても良くなった。
私は、苦しみを海に転がす方法で苦とそれから生まれる感情を大部分除去しておいて、その後じっくり苦を観察して苦を取っていった。
今回が本当に最後の更新。