伊皿子亭

月二回更新

日記

松原照子の大世見

未来と過去を見る能力がある人による透視結果をまとめた本である。主に過去未来における歴史・宗教・政治が書かれている。しかし、あくまで超能力の予見に基づく内容で、学校で教えられているのとは違う歴史的事実だったり、聖書の内容だったりするので、この手の話が好きな人にはたまらないが、そうでない人にはとんでも本に思えるだろう。
先史時代はもとより史実であっても改ざんされたりすることはよくあるので、彼女の話は私にはそれほど荒唐無稽だとは思えない。ストーンヘンジ・南米の黄金文化・古代中国の伝説の王たちが宇宙人と関係しているという話は普通の人は疑わしいと思ってしまうだろう。個人的に私は古代の優れた技術などはより進んだ宇宙人の知恵なくしては困難だと考え ているので、その時代に宇宙人がいたとしても特段驚かない。まあ、ただのオカルトファンであるが。
北京原人がナウマンゾウを追って氷河期に平原となった日本海を通リ、仙台あたりに来ていたと聞くとどう思われるだろうか。また、日本人のルーツは歴史の大きな関心事であるが、 彼女によれば日本人の祖先の一部は大陸から北海道を通って本州に到り、高度な文化を築いたそうだ。他に坂本竜馬暗殺の黒幕の意外な正体と徐福の話が面白かった。
彼女は過去だけでなく未来も見るので、将来の日本と世界の動きも書かれている。有名な東京五輪に関する予言について、どうやら五輪はあることが原因で中止されると見ているようだ。昨今の情勢からあながちありえない話ではないと思った。 そして、彼女の語る環境・経済・人口問題をみると、どうも日本の将来は明るくないらしい。そればかりか人類は地球そのものに多大な負荷をかけていて、そのつけはいつか回ってくるという。その考えに私は全面的に賛同したい。日々の暮らしに追われてこれらの問題から目を背け続けてなんとかなるだろうとか誰かがやってくれるだろうと思っていると、我々の子孫が苦しむことになるであろうが、そうとわかっていてもやはり自分には何もできない、したくないで生きていくことになるのだろう。
オゾン層が破壊されて肺や肩や腰の骨が発達しない病気の誕生なんて聞きたくない。もしかすると遠い未来に私達現代人がやったことのつけを生まれ変わった私達自身が背負い、苦しむ結果が待っているかもしれないという言葉を最後に記しておきたい。


松原照子の大世見
松原 照子
学研プラス
2016-08-30

 

これからのビジネスエリートは「見えない力」を味方にする

某有名企業の技術畑からスピリチャルに転身した著者が仕事や人間関係における「気」の重要性を説いた本。
気を用いて商談を成功に導いたり、気を高めることで職場の雰囲気を良くすることなどビジネスに気が有用であることが著者の体験に基づいて語られている。
著者はまたアカシックレコードに繋がることができることから、アカシックレコードを活用することが日本の今後の経済的成功の鍵になるともいう。興味深いのは、ヒトラーとナチスは実はアカシックレコードを読むことで先進的な兵器の技術を持っていたという点だ。ナチスはあのままいけば世界を制覇しかねなったのだが、そのあまりの危険性から彼らの運命が変えられてしまったのだという。
誰もが関心を持っているであろうカルマはアカシックレコードを書き換えることである程度軽減が可能だそうだ。しかし、過去生のカルマはやはり受け入れるしかないようである。それでも2013年に過去のカルマはかなり軽減され、現世のカルマは過去生ではなく現世中に発現するようになったそうで、朗報といえるだろう。ちなみに今生のカルマを軽減する方法は本書で述べられている。
他にスピリチャルな観点から見た親子関係、夫婦関係、兄弟関係が書かれているのが面白い。
ところで、勘なんてものはあてにならないとお考えの方は多いだろう。ところが著者は直感のうちある条件のものは宇宙意志から支援を受けたもので十分信用に足りるという。 
本書では気を体内に取り込む方法、気を当てて体の不調を治す方法が実際にイラスト入りで紹介されている。さらに自分と何かの相性、二つの物のに相性を探るOリングのやり方も紹介されているので、気功に興味のある人はすぐに実践できる内容になっている。
他に未来のエネルギーの有り様、建築素材、医療の姿なども書かれていて、ビジネスマンはもちろん一般の方々にも薦められる本である。

アンドレ・リュウ コンサート

私は最近知ったのだが、アンドレ・リュウはオランダ出身の欧米で大変人気のある演奏家だそうだ。クラシックなのに奏者と聴衆が一体となって楽しんでいる他にはないコンサートが特徴だ。奏者は大抵しかめっ面をしているものだけれど、彼のコンサートでは演奏者は皆笑顔である。見た目はバッハはみたいな髪型で、恐らく狙ってやっているのだろう。
彼の演奏はYoutubeの公式チャンネルで見ることができる。

アベ・マリア 


ロミオとジュリエット


ラ・パロマ



Victory

高級キーボードのすすめ

パソコンを長く使っているとキーボードに不満が出てくるものだ。特にメーカー製デスクトップパソコンに付いてくるキーボードはいわゆるメンブレンタイプといわれるもので、フニャフニャの押し心地で不快極まりない。
そこで大抵市販のキーボードに手を出すようになるが、ここで注意しなければならないのは値段だけを見て安いキーボードを買ってしまうことである。 安物は所詮安物でメンブレンタイプであることに変わりはない。打鍵感に不満が出て別の安い物、またさらに別の安い物と堂々巡りに陥り、最終的に高いキーボードを買うより出費が多くなり、それでいてまだ不満ということになってしまう。だから、私の経験上キーボードに不満があるなら、思い切って高めの物を買う方がいい。
そこで勧めるのが、メカニカルタイプと無接点方式の高級キーボードであるが、 その前に自分の打鍵タイプを知っておく必要がある。打鍵タイプによって適切なキーボードが違うためである。
 打鍵タイプには「底打ち」と「なで打ち」がある。前者はタイプする時にキーを最後まで押し切る傾向の打ち方、後者はキーを押し込まないで途中まで押す打ち方である。パソコンを始めた人は大体底打ちの人が多い。そして、慣れてくるとより力を抜いたなで打ちになる。しかし、人によっては慣れても底打ちのままの人がいるので、この辺はどちらが自分に向いているかの問題だ。
底打ちの人は押した時にキーに抵抗(スイッチ感)のあるキーボード、なで打ちは抵抗のないキーボードが向いている。底打ちに向いたキーボードの代表格は東プレのリアルフォースとFILCOの茶軸キーボードで、なで打ちはFILCOの赤軸キーボードである。
私はなで打ち派なのでFILCOのMajestouch2赤軸を使っている。なで打ちは力を抜いて打つ長時間の作業に向いた疲れにくい打ち方なのである。赤軸は最初の押しは軽いが押しこむほど反発が強くなる。
茶軸とリアルフォース45gタイプはスイッチを押すのに力が必要なのとスイッチを押す力で勢いが止まらず、そのまま底まで打ってしまい、指が底に当たる衝撃で指が疲れてしまうのだ。その反面メカニカルタイプは比較的音が大きいので音を気にする人は東プレのリアルフォースを選ぶといい。
赤軸と茶軸のどちらがゲームに向いているかは私には分からない。
FILCOのMajestouch2の後継となるMajestouch convertible2シリーズは高級キーボードの中でも価格が手頃なのでおすすめである。


Majestouch2赤軸 上は付属カバー、ホコリ防止に重宝
 1111

2222

Unreal Engine 4のデモを触る

Unreal Engineとはゲーム用の描画エンジンである。まずは画像を見ていただこう。

Screenshot00

 これはどこか実在の部屋を撮影した写真に思えるだろう。しかし、これは写真ではない。

Screenshot01
 
ご覧の通りCGなのである。数年前のCGはひと目でそれと分かるものだったが、レイトレーシングという光線を正確に再現する技術のおかげでこうした実写と見紛うほどのCGが可能になったのである。レイトレーシングはリアリティーを向上させる反面、非常に負荷の高い処理なので最近までリアルタイムでしかも普通のパソコンで描画することが困難だった。それが近年のグラフィックカードの進化により可能となった。
そしてUnreal Engineはその高性能なPCでCGを簡単に動作させるツールなのである。導入は簡単で誰でも無料で使うことができる。ダウンロードはここに詳しい。このCGはUnreal Engineのサンプルを動かしたものであある。
 
Screenshot01
 
別のデモ。 床の反射がリアル。

Screenshot00

 こう見ると作り物だと分かる

Screenshot00

Screenshot00
 
エレメンタルというサンプルは巨人が歩きまわって見応えがある。

Screenshot01