伊皿子亭

月二回更新

日記

Unreal Engine 4のデモを触る

Unreal Engineとはゲーム用の描画エンジンである。まずは画像を見ていただこう。

Screenshot00

 これはどこか実在の部屋を撮影した写真に思えるだろう。しかし、これは写真ではない。

Screenshot01
 
ご覧の通りCGなのである。数年前のCGはひと目でそれと分かるものだったが、レイトレーシングという光線を正確に再現する技術のおかげでこうした実写と見紛うほどのCGが可能になったのである。レイトレーシングはリアリティーを向上させる反面、非常に負荷の高い処理なので最近までリアルタイムでしかも普通のパソコンで描画することが困難だった。それが近年のグラフィックカードの進化により可能となった。
そしてUnreal Engineはその高性能なPCでCGを簡単に動作させるツールなのである。導入は簡単で誰でも無料で使うことができる。ダウンロードはここに詳しい。このCGはUnreal Engineのサンプルを動かしたものであある。
 
Screenshot01
 
別のデモ。 床の反射がリアル。

Screenshot00

 こう見ると作り物だと分かる

Screenshot00

Screenshot00
 
エレメンタルというサンプルは巨人が歩きまわって見応えがある。

Screenshot01

ひこにゃんから年賀状

ひこにゃんから年賀状が届いた。ひこにゃん宛に出せば誰にでも返事が来るということだ。今年はひこにゃん宛の年賀状が一万通くらい届いたらしいので、返事が来るのはもっと後かと思っていたら、1月26日に返事が来た。この年賀状彦根城の無料入場券も兼ねているというから、欲しい人は来年年賀状を出してみるといい。

Scan0003